イベントのご案内 

日本で初のホリスティックエナジーヒーリングとカウンセリング

勉強会とデイナーのご案内 案内ダウンロードはこちら

ヒーリング・カウンセリングのご案内 案内ダウンロードはこちら
 
 

 ハーバルメデシンとヒーリングについて
学ぶ会と先生を囲んでの国際交流デイナー



日時  2018年5月6日 
午後4-5時 レクチャー 5時半 デイナー

場所  種真希hope アクセス
参加費  4000円
参加申し込み 細谷ゆみ  携帯 090-9169-4214
          メール hhyumi@leto.eonet.ne.jp

 Charlotte Mutoro 先生のプロフィール   

≪会員≫

The National Institute of Medical Herbalists (NIMH 英国ハーブ医学学会)National Herbalists Association of Australia(NHAA オーストラリア国立ハーバリスト協会)


 種は地に蒔けば芽が出て実る。

 人も希望をもって行えば夢がかなう。


植物の「しづかな命」は、環境に適応して生きる強さ

と人の心を癒す効用を併せ持つ。

また、生きる源の食を楽しませてくれる。

そんな植物を育て、園芸療法士・看護師として

人々との交流の場が「種真希hope」。

【目的】
 何らかの事情で社会参加が困難な方や悩んで

 いる方と、園芸作業の時間を共にする。


【対象者】 ひきこもり、不登校、自閉症など
       本人及び家族 高齢者、幼児


2016年2月16日 春野菜の土作り

 
【来園のご案内
四季折々の花や野菜、樹木の産物に恵まれ、畑で人の輪が自然発生。
“植物がとりもつ縁”は笑顔と安らぎを共有して人に優しい。
植物との交流を望む方の来園を歓迎します。

定期的開園日:毎週金曜日午前9時~12時まで。それ以外でも農作業をしてます。
お気軽にいつでもお越しください。
 
 
【更新情報
 
 
 2017年10月29日
精神科医との交流会→ こちら
 2016年4月29日
バーベキュースペースに大テーブル設置→ こちら
 2016年2月16日
調理体験で昼食会→ こちら
 2015年12月28日
お餅つき→ こちら
 2015年11月7日
バーベキュースペースに藤棚設置→ こちら
  2015年9月30日  デイサービス出町茶論とリンク→ こちら
 2015年4月24日
青空のもとバーベキュー → こちら
 2015年3月13日
カメも仲間に→ こちら
 2015年2月27日
焼き芋→ こちら
 2015年1月7日
お正月に着物→ こちら
 2014年12月30日
お餅つき→ こちら
 2014年11月7日
ピーナツ大豊作→ こちら
 2014年10月1日
農業の初心者だった若者、耕運機を使いこなす→ こちら
 2014年9月19日
荒れ地を開拓した畑にスイカが大豊作→ こちら
 2014年7月30日
絵カード (TEACCHプログラム)で作業」→ こちら
 2014年7月 10日  シャワーとエアコンが付いた→ こちら
  2014年5月 29日  畑でバイオリンコンサート、車いすの方と楽しむ→ こちら
2014年5月29日  京都新聞に掲載されました。「農作業 障がい者集う場所に」→ こちら
 2014年3月 12日  トップページの写真を更新
 2013年10月 30日  “friends home”の理念作成 → こちら
2013年10月 5日  畑に休憩&集いの家“friends home”完成 → こちら
  2013年7月 30日  約400名集った。 某事業所よりの報告書→ こちら
 2013年6月 27日  夏野菜豊作 食の楽しみを分かち合う → こちら
 2013年5月 4日  車いすの方の来訪 & 道作りの若者ボランテイア → こちら
 2013年4月26日  メダカの受精卵 今年もメダカの赤ちゃんが → こちら
 2013年3月27日  動画を掲載  じゃがいも植えとトマトの種植え → こちら
 2013年2月13日  苔だま作りに挑戦 デイケア  → こちら
 2013年1月2日  障がい者の親と、総勢12名で新年会 → こちら
 2012年12月15日  「子供の笑顔を見て、集いたいと思った」とホームページを見ての来園 → こちら
 2012年11月9日  障がい者支援事業所が来園 共に農作業と料理  → こちら
 2012年9月7日  京都高齢者居場所 スタート メダカ名人登場  → こちら
 2012年8月27日  「京都市高齢者・世代間交流居場所」のページ追加  → こちら
 2012年4月4日  デイケアで園芸療法スタート  → こちら
 
   

【管理人挨拶】  

 

趣味 :不思議な押し花&苔だま   


庭に咲いた花を押し花に
色がそのまま残る
“不思議な押し花”

五葉松を苔だまに
 
  細谷ゆみ
 看護師歴39年
  2010年末  一般病院定年退職
  2011年6月  50坪の借地、休耕畑を開拓し野菜と花作りを開始
 2012年3月31日  日園芸療法士の資格取得 第001479号
大阪信愛女学院短期大学看護課園芸療法学科卒
 
 2012年7月~  京都市某病院へ ボランテイア参加 園芸活動
 2012年9月  京都市高齢者・世代間交流居場所開園
近隣の高齢者、障がい者とその親子、ボランテイア等、大勢の参加を得て “世代間&障がい者との共生”が展開。

 
  【ボランテイア
1年を通じて花を絶やさないように、皆で育てて癒しの環境作りに努めている。


【花と対話する患者様
無言で花を眺める車いすの患者様
ベッドに横たわったまま無言で花を眺める患者様
花と対話の時が静かに流れる
側に寄り添い見守る家族、スタッフ
心に安らぎを、と願うばかり

癒しの環境作りになればと通い続ける
 
          
            【畑の紹介

 周辺は、賀茂川の西、住宅街に囲まれた環境。
「こんな所に畑が?」と意外に思える場所。
その理由は、北と東側は墓地。南と西側は住宅地

背丈程の雑草と荒れ地を開拓し地主さんが営む畑に繋げた。元々畑は60年も前から野菜や果樹を育てている肥沃な土地。 
栗、柿、山椒、ゆず、ゆすら梅、あけび等がある。
参加者が希望の植物や花を植えて実りや開花を楽しむ。自主的運営で個人が、仲間が活気づく。